打ち方の基本

スポンサードリンク

バドミントンには、打ち方の基本が6つあります。

それらの解説をします。


■オーバーヘッドストローク(フォアハンド)

頭上に来たシャトルめがけて、思い切りラケットを振り抜く打ち方です。体をひねりテイクバックで十分に力を貯めてから、重心を前に移しながら振りぬくのが理想です。野球でボールを投げるような、イメージです。肩よりも前の位置を打点とすることが大切なので、素早くシャトルの落下地点に移動することがポイントとなります。


■オーバーヘッドストローク(バックハンド)

ラケットの逆サイドに高く来たシャトルに対する、打ち方、フォアと違い体重移動、リズム、タイミングが難しい。バックハンドとは言え、上級者ともなれば、スマッシュを打つことも可能ですが、ミスも多くなるので、素早く回り込んでフォアで打つ事を心がけましょう。


■サイドアームストローク(フォアハンド)

主に左右の幅を使った攻撃を展開する場合に、多用する打ち方です。フォアの場合は、踏み出した前の足に体重をけて振るのがポイント。スイングが勢い良すぎると、次の動作が遅れてしまうので振り切らないようにしましょう。


■サイドアームストローク(バックハンド)


フォアハンドに比べて、守備範囲が広いの特徴。ヒットの瞬間に手首の回転をフルに使うのがポイント。


■アンダーハンドストローク(フォアハンド)


守備的意味合いの強いストローク。なるべく高く、深い位置に上げて、自分の体制を整え、反撃に転じる為に使うことが多い。打ち方としては、ラケットを上へ振り上げるというよりは、横に振るといったイメージで。


■アンダーハンドストローク(バックハンド)

こちらも、守備的な意味合いが強いストローク。腕の振りが大振りになりがちですが、前腕と手首を使いコンパクトに振った方が、動きにロスが少なくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク